神戸女学院大学

神戸女学院大学 概要米国から来日したキリスト教宣教師イライザ・タルカットとジュリア・ダッドレーにより1875年(明治8年)、兵庫県神戸市神戸区(現 中央区)に開校された(のちに兵庫県西宮市に移転)。母体となった学校の起源は「女子の寄宿学校」(通称「神戸ホーム」)である。その後「神戸英和女学校」、次いで「神戸女学院(Kobe College)」と改称され、第二次世界大戦後の学制改革に従って、1948年(昭和23年)に新制女子大学となった。キャンパスは創立以来長く神戸市にあったが、1933年(昭和8年)、摂津尼崎藩主桜井家(旧・桜井松平家)が所有していた西宮市岡田山にキャンパスを移転した。近隣の関西学院大学や聖和大学(現・関西学院大学教育学部)と同じウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイル(南地中海様式)の優美な校舎は、淡いクリーム色の外壁と赤銅色の瓦が特徴的。また、国土交通省近畿地方整備局は神戸女学院大学キャンパスを阪神間モダニズムにおけるヴォーリス設計事務所代表作として紹介している。講堂・総務館・チャペル、図書館、文学館、理学館、音楽学部一号館は、2009年11月2日にまず国の登録有形文化財に登録され、引き続き2014年5月16日の文化審議会の答申により、それまで登録有形文化財に登録されていなかった建物を含め、中高部を含めたヴォーリズ建築全体が「重要文化財・神戸女学院」の名称で一括して重要文化財に指定されることが決まり、同年8月18日の官報で正式に指定された。神戸女学院中学部・高等学部が同一キャンパス内に併設されており、関西学院大学教育学部(旧・聖和大学)とは門を隔てて隣接している。建学精神キリスト教の教えに基づいた「愛神愛隣」の建学精神を基盤に、個性と自由を尊ぶ全人教育を目指している。校章は三つ葉のクローバーに“KC”の文字が入り、スクールカラーは濃青色で「平和」と「真実」とを表す。キリスト教学校教育同盟加盟校。

通常通り開く

住所

岡田山4-1
Nishinomiya-shi, Hyogo
662-8505

ウェブサイト

アラート

神戸女学院大学がニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

神戸女学院大学にメッセージを送信:

カテゴリー

レストラン付近


すし専門店のその他Nishinomiya-shi

すべて表示