門戸厄神駅

門戸厄神駅 |} 門戸厄神駅(もんどやくじんえき)は、兵庫県西宮市下大市東町にある、阪急電鉄今津線の駅。駅番号はHK-23。門戸厄神東光寺の最寄り駅であり、大祭の日には多くの参拝客で駅が混みあう。歴史 1921年(大正10年)9月2日 - 阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄)西宝線の宝塚駅 - 西宮北口駅間開業と同時に開設。 1926年(大正15年)12月18日 - 西宝線が今津線に改称。 1979年(昭和54年) - 連絡地下道が開通。 2013年(平成25年)12月21日 - 駅番号導入。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地上駅。分岐器や絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。1970年代まではホーム北側(宝塚寄り)に構内踏切が設置されていたが、撤去後各ホーム間は改札内の地下道(構内踏切跡のほぼ真下)により連絡している。有人改札口は1か所で、宝塚方面行きホームの宝塚寄りにある。この宝塚方面行きホームの西宮北口寄りには自動改札機のない臨時改札口も設けられており、連絡地下道を建設中の際は仮改札口として使用されたほか、主に門戸厄神の大祭の時に臨時改札口として使用されることがある。

通常通り開く

住所

Nishinomiya-shi, Hyogo

営業時間

月曜日 04:46 - 00:38
火曜日 04:46 - 00:38
水曜日 04:46 - 00:38
木曜日 04:46 - 00:38
金曜日 04:46 - 00:38
土曜日 04:46 - 00:38
日曜日 04:46 - 00:38

アラート

門戸厄神駅がニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

レストラン付近


鶏料理店のその他Nishinomiya-shi

すべて表示